団体所得補償保険制度への加入をご検討ください

2018年07月19日

先生やご家族の生活のためにも、クリニックの安定的な経営のためにも、

必要かつ適切な補償額で団体所得補償保険制度への加入をご検討ください!!

 

「いざ」という時にはもう遅い!休診への備えは十分ですか?

突然の病気やケガで万一休診せざるを得なくなり、毎月の収入が途絶えてしまった場合、こんなことが心配ではありませんか?

 

1.先生ご自身を含めたご家族の生活費

2.クリニックの賃借料やリース料などの必要経費

3.代診費用や休診時の従業員の給与

 

先生の必要な補償額を設定いただくことで、休診中も安心してご自身の治療に専念いただくことができます!!

 

これからは損害保険・生命保険のことも医師協へご相談ください!

 

自動車保険・火災保険・修身保険・養老保険・

収入保障保険・定期保険・医療保険・個人年金保険  等


詳しくは、保険課(TEL:073-422-26778)までお問い合わせください。